正常なヘアサイクルで、髪の毛は健康状態を保つことができます

ヘアサイクルは毛周期とも呼ばれるもので、髪の毛が成長していき、抜け落ちていくまでの
段階のこと
を表しています。

ヘアサイクルには、成長期退行期休止期の3段階があります。
それぞれに期間の違いがあり、髪の毛の状態も異なります。
このヘアサイクルが正常に行われるかどうかで、髪の量が増減します。

まず、成長期ですが、これは毛母細胞に栄養が運ばれて、細胞分裂や増殖を繰り返す
時期
になります。
頭皮の内側にある髪の毛は、細胞が分裂して増殖をすることで、どんどん成長していき
表面に生えていきます。
また、細かった髪の毛も、多少のダメージには負けないように太く頑丈になっていきます。
人間の髪の毛の約80%は、この成長期に入っている髪の毛になります。
成長期は、短くても2年、長いと6年ぐらい続くと言われています。

退行期と言うのは、毛母細胞の分裂が低下していって、成長が衰え始める時期になります。
毛根部分の力も弱まって、抜け落ちるために頭皮の表面に浮かび上がってくるので、
ブラシなどで梳かしたり、シャンプーのときに抜けやすくなります。
退行期は、ヘアサイクルの中でも一番短い期間しかなく、約2週間ぐらいで休止期へと
移行していきます。

休止期は、毛母細胞の活動が完全に終わっている時期になります。
ですから、髪の毛が伸びることはありませんし、毛根部分も細くなっているので、髪の毛は
自然に抜け落ちていきます。
この休止期は3ヶ月ほど続くのですが、それを過ぎると、また成長期に移行します。
休止期の髪の毛は、全体の10%から20%とされています。
そのため、一日に100本程度の抜け毛があるのは当たり前で、この時期に抜ける髪の毛は、
薄毛になるという性質のものではありません。

ヘアサイクルは、健康状態や生活習慣、環境によって変わるもので、人によって違いがあります。
でも、違いはあっても正常にこれらのサイクルが回っていれば、髪の毛はきちんと健康状態を
保つ事が出来るのです。

そのためには育毛剤やシャンプーなどのヘアケア商品をうまく活用しながら、ヘアサイクルを正常化するのは非常に大事です。 ですので育毛剤のおすすめをチェックしながら進めるのが良いでしょう。髪の毛は大事です。これホント。



Copyright (C) ヘアサイクル、髪の基礎知識 All Rights Reserved.